上手稲コンドルは
札幌市西区で活動している
軟式少年野球チームです。

やぁ、ボク、ネッケツ。

今日、ボクはいっぱい練習したんだよ。
今日はどんな1日だったかおしえてあげよう。

朝、ボクはお母さんに5:30に起こされて、アクビがとまらないくらい眠かったんだ。その間、お母さんはおにぎりをにぎってくれて、準備が早く整ったからすぐいけたんだ。配車当番のお父さんの車でいったから、集合時間に間に合ったよ。

集合場所は手稲宮丘小学校。 みんなは「宮小」って呼んでるよ。

宮小についたら車に必要な道具を積んで、ボクらのグラウンド「築山野球場」に移動するんだ。
今日の試合は2つ。練習試合と西区の大会1回戦。
築山野球場についたら、道具を出してすぐ練習。

3時間ぐらいたって相手チームが来たんだ。

練習試合が始まって守ってたら、ライトのボクのところにボールが来たんだ。苦手なゴロはともかく、得意なフライも取れないぐらい緊張しちゃったんだ。
それについてみんながボクを責めるから、ボク、泣き出しちゃった。打撃も調子がぜんぜん出なくて、そのままコールド負けだった。

ボクは試合が終わっても泣いてて、みんなはションボリしてる。

コーチがみんなを集合させて、「みんな、どうしたんだ?」と聞いたから、ボク達は「調子が出ませんでした」と答えたんだ。

そしたらコーチがこんなことを言った。「調子が出ないのは声を出さないからだ。他の人がエラーしたら、『大丈夫』とか『ドンマイ』とか、言ってあげるのがチームワークだろ?」

ボクは思い出した。
前にコーチは、野球はチームワークだといっていた。

2試合目はお母さんが見に来るからいいとこみせなくっちゃ!
そう思いながらボクは、おにぎりをほおばった。

もう一度練習をしたときは、みんなに「自分を変えなくっちゃ」という意識が見えたよ。みんな燃えてたもん。

練習が終わったら、車に乗って「農試公園」という大きな公園にある野球場に移動して、西区の大会の1回戦を戦ったんだ。
変わったみんな。
調子の出る打撃。
取れた苦手のゴロ。
声をかけあう仲間達。
ミスが出てもチームワークで持ち直すみんな。

そしてボク達は勝ったんだ!
嬉しかったなぁ。
ボクなんかコーチにほめられちゃったよ。

そして、また築山野球場に戻って練習をしたんだ。
やっぱりみんな燃えてたよ。

今日の練習はこれでおしまい。
お母さんも一緒に車で帰ってたら、お母さんが言った。「ネッケツ、今日の試合いつもよりすごかったね。どんな練習したの?」

うふふ、どんな練習だと思う?



キミも仲間にならないか

小学生ならOK
 ・1年生から入団できます。
 ・女の子もOK。

4年生以下の大会あり
 ・低学年も試合に出られます。
 ・経験を積むと強くなります。

専用野球場「築山野球場」あり
 ・練習場所に不自由しません。

塾や習い事と両立できます
 ・平日の練習は週2回で、
  曜日が固定されます。


見学・体験はいつでもOK

体験入団に来て!
 ・あらかじめこちらまで
  メールをください。
  いつでも大歓迎です。

上手稲コンドルを応援に来て!
 ・こちらにスケジュールが
  掲載されます。
 ・見学・応援はご自由に。



トップページ
まじめなチーム紹介
熱血コンドルくんの挑戦状
(対戦チーム募集)

関係者用裏メニュー